不動産投資信託は初めてでも出来る【誰もが欲する安定した分配金】

設計風景

副収入を得る

集合住宅

airbnbを大阪市内で始めましょう。2016年訪れるべき地域に大阪市が上位ランクイン。たくさんの旅行観光客が見込まれます。大阪市内に使われていない不動産をお持ちのかたはぜひ検討してみてください。副収入のチャンスです。

詳細

不動産投資の勉強

男性

不動産投資を始めたいと考えているなら、無料の不動産投資セミナーをいくつか受講して基本的なことを学ぶのがお勧めです。また、自分から見て講師が等身大に感じられる不動産投資セミナーを受講すると励みになりますし、参考にもなるのでぜひ受講しましょう。

詳細

投資先候補に挙げてみよう

マンション

上昇気流に乗っています

ここ数年で上場不動産投資信託の銘柄数が急激に増えてきました。現在では50を超える銘柄が株式市場で取引されています。上場不動産投資信託は約10年前に登場しました。その後、不動産ミニバブルの影響を受け、破綻する銘柄もあり、一時は下火になったものの、政権交代に伴う経済政策などにより、再び息を吹き返している状況です。上場銘柄数の増加に伴い、種類も豊富になっています。当初はオフィスビルやマンションに投資をする銘柄が多かったですが、現在では、物流施設に投資をしているものや介護施設を保有している銘柄もあります。投資家にとっては、選択の幅が広がったといえます。これから上場不動産投資信託を持とうと考えているのであれば、それぞれの特徴を押さえておきましょう。

特徴を知って投資しよう

まず、一言に上場不動産投資信託といっても、どのようなリターンを求めるかで大きく分類されます。例えば、分配金をもらいながら、将来のキャピタルゲインを狙いたいと考えているのであれば、オフィスビル系の銘柄がお勧めです。オフィスビルの賃料は景気の変動を受けやすいため、景気が上昇しているときには、投資口価格が上がりやすい傾向にあります。一方、景気に左右されず、安定した分配金をもらいたいと考えるのであれば、マンションや介護施設系の銘柄に投資をしましょう。これらの収益物件は、家賃が大きく変動することはありません。いずれか1つの銘柄に投資をするというのではなく、投資割合を決めて、いろいろ保有してみるという方法をお勧めします。誰もが欲する安定した分配金が期待できるでしょう。

空室の家賃保証がある制度

握手

マンション経営には入居者を確保することが重要です。設備のメンテナンスやエントランスを清掃したりなど入居者の居心地が良くなるような工夫が必要です。その他にも一括借り上げ方式を導入するなどの方法もあります。これは管理会社に全てを委託する方法で、空室の家賃保証をしてくれます。契約時に内容の確認が大事です。

詳細