不動産投資信託は初めてでも出来る【誰もが欲する安定した分配金】

木のマンション

空室の家賃保証がある制度

握手

入居者の確保が成功の秘訣

マンション経営を順調に行うためには安定した入居者を確保する必要があります。そのためには設備のメンテナンスを定期的に行ったりエントランスの清掃を怠らないなど、入居者が居心地よく暮らせるような工夫が必要です。その他の工夫としては一括借り上げ方式の導入が考えられます。一括借り上げ方式というのは管理会社に管理や家賃回収などの全てを委託するものです。最大の特徴は空室が出た時に家賃保証をしてくれるという点です。マンション経営では空室が出た時に次の入居者をすぐに確保することが重要ですが、一括借り上げ方式だと入居者募集まで管理会社がやってくれるのです。マンション経営を順調に行うためには一括借り上げ方式の導入も選択肢に入れることです。

委託契約の内容確認が重要

一括借り上げ方式を導入する場合は管理会社との契約が必要です。その時に契約の内容を確認することになります。特に家賃の見直しの時期について確認することです。一般的には2年ごとに見直すのですが、管理会社によってはもっと短い契約になっている場合があります。またマンションのメンテナンスや修繕などの費用はオーナーに請求がくるので、その点も事前に確認し合っておくことが大事です。一括借り上げを契約した場合でも時期がくれば解約することもあります。その時期や解約の事前通知などの方法についても契約時に相互確認しておくことです。また入居者が退室したあと、部屋をリフォームしたりメンテナンスしたりしますが、その時に費用なども管理会社が持つのかどうかなど確かめます。